建築

オール電化のメリット

今回はオール電化にのメリットついてご紹介します。

 

オール電化とは、家庭で使う調理、給湯、空調などの熱源に電気を使用する住宅のことを指します。

たとえば、調理では、ガスコンロではなく、IHクッキングヒーターを使い、

給湯では、ガス湯沸かし器ではなく、電気温水器やエコキュートと呼ばれる電気でお湯を作る設備を利用し、

空調では、ストーブではなく、床暖房やエアコンなどを使います。

 

メリット

・ガス代がかからない。

オール電化では、ガスを使わず、熱源に電気を使う為、ガス代が掛からないのがメリットです。

ガス機器を使わず、基本料金が掛からないので、

光熱費が電気代に一本化され、安く抑えることができます。

 

・電気のほうが復旧が早い。

地震や災害が発生した際に復旧がはやいのは、電気です。

ガスは、地中のガス管を復旧する必要があるため、復旧工事に時間がかかります。

 

災害の規模にもよりますが、電気は数日、ガスは1週間以上で復旧するので、

電気のほうが復旧のスピードが速いです。

 

・空調や給湯が安く使える。

ガスよりも安く、空調や給湯が使うことができます。

一般的にオール電化の電気料金プランでは、夜間時間帯の電気代が安く設定されています。

 

そのため、夜間の電力を利用して、日中使うお湯を溜めたり、

暖房の蓄熱したりすることで、安く使うことができます。

 

・住宅内に熱源を持たない為、安全に使える。

オール電化は、ガスを使わないので、ガス漏れや不完全燃焼などによる一酸化中毒が起きないため、安全です。

 

調理する際もIHクッキングヒーターを使う為、

消し忘れなどによる火災リスクが少ないので、とても便利です。

 

このように、メリットがたくさんあるオール電化住宅ですが、

注意しなければならないデメリットもあります。

次回は、オール電化住宅のデメリットについてご説明します。

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ

家族・友達に教える

家族・友達に教える

カタログ申し込み